メインイメージ2

振込方法

はじめての銀行振り込み

ライン

ライン

ATMの基本的な扱い方(ATMによって順番、言葉は多少違います)

ATMの画像例

  1. 振込ボタンを押します。
  2. 振込先金融機関入力(相手の方の銀行名) 頭文字でジのボタンを押すとジャパンネット銀行とでるかもしれません。 いくつかの銀行名が書いてあって、その中に無い場合はその他の銀行のところにあるかもしれません。 ATMによって入力方法が違いますが、どこかにお探しの銀行名があると思います。
  3. 支店名を選びます(相手の銀行の支店名)おそAらく頭文字から選択する方式だと思います。JNBの場合ホを押すとホンテンもしくはホンテンエイギョウブとでるとおもいます。表示方法が違うだけで同じものです。
  4. 科目を選びます(普通、当座、貯蓄などから選択します。普通口座に送ることがほとんどです)
  5. 口座番号を入力してください。
  6. 振込先の方の名前を入力してください。(口座番号を入力しただけで名前が自動的に表示される場合もありますが、営業時間外等自動で表示されず手動で入力しなければならない場合もあります。)
  7. 振り込み金額を入力します。
  8. 自分の電話番号を入力します。(送金相手には伝わりませんが、振込ミスなどがあった場合銀行から連絡が来るかもしれませんので、本物を入力しましょう)
  9. 自分の名前を入力します。(本名である必要はありませんが、相手の方に誰が送ったかわかるように名前を入力して、相手の方に入力した名前を伝えましょう)
  10. お金を入れます。(手数料は特に指示されない場合は振り込む方が負担するのが普通ですので、振り込むお金丁度だけもって銀行に行かないように)
  11. 明細(紙のレシートのようなもの)を忘れず持ち帰り、保管しておきましょう。

ぶっちゃけ

基本的には振込先銀行名、支店名、口座種類(普通預金とか当座とか)、口座番号、名前(カタカナで入力しますので読み方がわからない場合は聞いておきましょう)、金額 をメモしていきATMで表示を見ながら入力していけば多分できるはずです。

ライン

Produced by kozenisuki 2005-2012
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー